フジ大改革の戦端 クジパン抜擢の裏で人妻アナ2人“引退”

公開日:  更新日:

「私に課せられております使命は、低迷しているフジテレビの業績を上げる。この一点に尽きると考えております」

 フジ・メディア・ホールディングスと、傘下のフジテレビの両社長に就任する宮内正喜氏(73)が今月16日の記者会見で語った意気込みである。宮内氏は、28日開かれる株主総会後の取締役会で正式に社長の座に就く。

 母校である慶応を愛し、エルメスを愛し、1枚ウン万円のTシャツを着こなすロマンスグレーの新社長による亀山千広前社長(61)の“敗戦処理”。先日の記者会見では、社内組織のスリム化に取り組む方針を明らかにし、21局3室と細分化された現組織から14局4室とし、効率的な組織運営を目指すとした。6年前の11年に在京民放5局の視聴率トップから陥落し、昨年度は4位に沈んだ。まさに崖っぷちのフジは、14年6月末に亀山前社長が断行した1000人規模の大異動人事に匹敵する大ナタを振るうわけだが、「テレビ局の顔」を担うアナウンサーも例外ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る