ファンも失笑 おばたのお兄さんが山崎アナに捨てられる日

公開日:

 芸歴4年の駆け出しながら、知名度は全国区のピン芸人といえば、おばたのお兄さん(29)だ。フジテレビの人気アナウンサー、山崎夕貴(29)との熱愛が発覚したものの、別の女性との情事を暴露され、シンデレラボーイから一転、下半身のだらしない男に成り下がった。

 そんな熱愛や浮気報道が功を奏した(?)のか、神保町花月で出演している舞台「1010愛して」の初日(5日)公演は定員135人の劇場が満員御礼。しかも、舞台上では芸人仲間から「女子アナは芸人と付き合ってもいいが、最終的にはアスリートと結婚する」などと渦中の芸人としてイジられ、観客の関心と笑いを集めたのだった。

 ところが、である。舞台で見せ場をつくったのは、演技やネタではなく、私生活の失態だけ。所属事務所である吉本興業の“社歌”ともいえる「笑顔のまんま」をギターで弾き語りするもトチるなど、客席からは失笑が漏れまくっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る