渡辺直美に紗理奈 お笑い発“ボーダーレス女優”躍進の理由

公開日:

 本人いわく、20代の時に選ばれた「『ごきげんよう』の上半期でいちばん面白かった話以来のトロフィー」だそう。マドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈(40)が19日、報告会見を開催。10年以上芝居から遠ざかっていたが「情熱を注ぎ、監督の言うことを一生懸命聞いてやった結果」とすこぶる謙虚に喜びを語った。

 受賞作「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、8月19日から関西先行上映、11月4日から順次全国公開)では、兵庫・西宮を舞台に脳性まひの娘と認知症の母親を抱えた主婦という難役に挑んだ。

 普段はバラエティータレントとして笑いを取り、はたまたレゲエ歌手として韻を踏む紗理奈。演技とはほぼ無縁の世界に身を置く彼女が起用されたのは、「ネーティブな関西弁が話せて、ウエットな作品性とは真逆なタイプ」(新田博邦エグゼクティブプロデューサー)だからという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る