• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡辺直美に紗理奈 お笑い発“ボーダーレス女優”躍進の理由

 本人いわく、20代の時に選ばれた「『ごきげんよう』の上半期でいちばん面白かった話以来のトロフィー」だそう。マドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈(40)が19日、報告会見を開催。10年以上芝居から遠ざかっていたが「情熱を注ぎ、監督の言うことを一生懸命聞いてやった結果」とすこぶる謙虚に喜びを語った。

 受賞作「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、8月19日から関西先行上映、11月4日から順次全国公開)では、兵庫・西宮を舞台に脳性まひの娘と認知症の母親を抱えた主婦という難役に挑んだ。

 普段はバラエティータレントとして笑いを取り、はたまたレゲエ歌手として韻を踏む紗理奈。演技とはほぼ無縁の世界に身を置く彼女が起用されたのは、「ネーティブな関西弁が話せて、ウエットな作品性とは真逆なタイプ」(新田博邦エグゼクティブプロデューサー)だからという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る