渡辺直美に紗理奈 お笑い発“ボーダーレス女優”躍進の理由

公開日:

 本人いわく、20代の時に選ばれた「『ごきげんよう』の上半期でいちばん面白かった話以来のトロフィー」だそう。マドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈(40)が19日、報告会見を開催。10年以上芝居から遠ざかっていたが「情熱を注ぎ、監督の言うことを一生懸命聞いてやった結果」とすこぶる謙虚に喜びを語った。

 受賞作「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、8月19日から関西先行上映、11月4日から順次全国公開)では、兵庫・西宮を舞台に脳性まひの娘と認知症の母親を抱えた主婦という難役に挑んだ。

 普段はバラエティータレントとして笑いを取り、はたまたレゲエ歌手として韻を踏む紗理奈。演技とはほぼ無縁の世界に身を置く彼女が起用されたのは、「ネーティブな関西弁が話せて、ウエットな作品性とは真逆なタイプ」(新田博邦エグゼクティブプロデューサー)だからという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る