松居報道いつまで TVの卑しさ突いたカンニング竹山の苦言

公開日: 更新日:

 松居一代と船越英一郎の泥沼離婚劇は松居のSNS“動画攻撃”で収拾不能になっているが、テレビの報道に疑問を感じている人もいるだろう。芸能人同士とはいえ、あまりにプライバシーに関わる問題を暴露しまくることを、公共の電波が取り上げるのはいかがなものかというのもあるが、この騒動への一般の疑問をズバリ指摘したのが19日の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に出演したカンニング竹山だ。

「病気のおばさんをいじっちゃダメだって、病気なんだから!」「カウンセリングに連れて行かないと何もならない」「本人は喜んじゃってる」と語ったのだ。ここにきて騒動をちゃかしている番組もあり、竹山のコメントに「その通り」と納得した向きも多いはず。

 それとともに騒動を扱う局、まったく取り上げない番組などの違いも鮮明になっている。聞いてみるとある局のスタッフは「なぜ、取り上げているのかわからない。うちで取り上げる場合、関係者の誹謗(ひぼう)中傷になることはやるなと言っている」と語る。また、テレビ朝日は「番組の制作過程につきましては、従来お答えしておりません」(広報部)というコメントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る