二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

渡辺謙は印象回復も…マスコミが煽る松居一代の“逃げ恥”

公開日: 更新日:

 今や安倍首相の代名詞になった「逃げる」には「面倒なことにかかわらないで避ける」という意がある。それでもドラマの世界では「逃げ恥」は役に立っていたが、現実ではそうはいかない。

 不倫問題が起きた俳優・渡辺謙(57)も当初、会見をする予定と伝えられていたが、一向に行わずに「逃げている」というイメージが付いていた。追い打ちをかけるように軽井沢の別荘に「潜伏先」の報道も最近出たばかり。俳優は役柄を通じてその人をイメージする。渡辺は「逃げる」こととは縁遠い「男らしい」イメージが定着している。ヘタすれば逃げるはイメージを損なう。騒動から3カ月半。渡辺はようやく会見を開いた。

「中途半端な段階での会見は言えない話が出てきて、逆効果になりかねない。特に不倫相手との話し合いは終わらせる必要があって時間がかかったのでは」(芸能関係者)

 少しやつれた感もあった渡辺だが、不倫はおおむね事実と認め、すべての質問に自分の言葉で真摯に答える姿は好感が持たれた。イメージ回復に向けた会見はできたと見える。まだ結論が出ていない夫婦問題もこの先、どっちに転んでもそう仕事に影響はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る