• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

渡辺謙は印象回復も…マスコミが煽る松居一代の“逃げ恥”

 今や安倍首相の代名詞になった「逃げる」には「面倒なことにかかわらないで避ける」という意がある。それでもドラマの世界では「逃げ恥」は役に立っていたが、現実ではそうはいかない。

 不倫問題が起きた俳優・渡辺謙(57)も当初、会見をする予定と伝えられていたが、一向に行わずに「逃げている」というイメージが付いていた。追い打ちをかけるように軽井沢の別荘に「潜伏先」の報道も最近出たばかり。俳優は役柄を通じてその人をイメージする。渡辺は「逃げる」こととは縁遠い「男らしい」イメージが定着している。ヘタすれば逃げるはイメージを損なう。騒動から3カ月半。渡辺はようやく会見を開いた。

「中途半端な段階での会見は言えない話が出てきて、逆効果になりかねない。特に不倫相手との話し合いは終わらせる必要があって時間がかかったのでは」(芸能関係者)

 少しやつれた感もあった渡辺だが、不倫はおおむね事実と認め、すべての質問に自分の言葉で真摯に答える姿は好感が持たれた。イメージ回復に向けた会見はできたと見える。まだ結論が出ていない夫婦問題もこの先、どっちに転んでもそう仕事に影響はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る