加山雄三が新五輪音頭 “御年80の若大将”起用に心配の声

公開日: 更新日:

「元祖」の大ヒットにあやかることができるか。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は24日、前回の東京五輪のテーマソング「東京五輪音頭」をリメークした「東京五輪音頭―2020―」の制作を公表。あわせて、加山雄三(80)、石川さゆり(59)、竹原ピストル(40)の3人を歌唱者として起用することが発表された。

 思い起こせば、1964年の東京五輪の際にリリースされた元祖「東京五輪音頭」の三波春夫バージョンは250万枚を売り上げる国民的ヒット曲となり、大会そのものをもり立てた。新バージョンでは大会の時期や背景を見据えて、〈あの日ローマで〉を〈リオデジャネイロで〉、〈とんでくるくる赤とんぼ〉を〈リズム合わせる蝉の声〉などと歌詞の一部をアレンジするという。

 夏祭りや盆踊りシーズンを目前にリリースしたこともあり、組織委員会の力の入れようがバンバン伝わってくるが、一部では歌唱する面々の人選について驚く声が聞こえてくる。というのも、「以前に『東京五輪』を収録したカバーアルバムを発売して、新バージョンの歌い手の本命と目されていた氷川きよしと、昨年末のNHK紅白歌合戦で同曲を生披露した福田こうへいがいずれも“落選”した」(音楽ライター)からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る