病から這い上がり…桂歌丸が命削ってでも高座に上がるワケ

公開日: 更新日:

「実物の歌丸師匠はテレビで見る以上にガリッガリ。中でも頬のこけぶりは尋常ではなく、骨が頬にくっきりと浮き上がっている。見るからに痛々しかったです……」(観客のひとり)

 腸閉塞で入院&療養していた桂歌丸が11日、国立演芸場(東京・千代田区)で3カ月ぶりに高座復帰。翌日のワイドショーやスポーツ紙は楽屋口で笑顔を見せながら取材に応じる師匠の様子を報じていたが、実際は全快とは程遠い体で連日、命を削りながら高座に上がっているようだ。

 79歳の誕生日を迎えた14日は期間中で唯一、一日2回公演が組まれ、前出の観客は後半の部を見たという。劇場は満席で300人が見守る中、師匠が披露したのは、1時間しゃべり通しの怪談「乳房榎」。足腰が弱っているので正座ができず、釈台を前に置き、足元を見せない演出を施してはいたものの、一度も噛むことなく病み上がりが嘘のように歯切れのいい語り口だったというから、立派なもんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る