病から這い上がり…桂歌丸が命削ってでも高座に上がるワケ

公開日: 更新日:

「実物の歌丸師匠はテレビで見る以上にガリッガリ。中でも頬のこけぶりは尋常ではなく、骨が頬にくっきりと浮き上がっている。見るからに痛々しかったです……」(観客のひとり)

 腸閉塞で入院&療養していた桂歌丸が11日、国立演芸場(東京・千代田区)で3カ月ぶりに高座復帰。翌日のワイドショーやスポーツ紙は楽屋口で笑顔を見せながら取材に応じる師匠の様子を報じていたが、実際は全快とは程遠い体で連日、命を削りながら高座に上がっているようだ。

 79歳の誕生日を迎えた14日は期間中で唯一、一日2回公演が組まれ、前出の観客は後半の部を見たという。劇場は満席で300人が見守る中、師匠が披露したのは、1時間しゃべり通しの怪談「乳房榎」。足腰が弱っているので正座ができず、釈台を前に置き、足元を見せない演出を施してはいたものの、一度も噛むことなく病み上がりが嘘のように歯切れのいい語り口だったというから、立派なもんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る