船越、小朝、渡辺謙…芸能人夫婦は夫が翻弄されっぱなし

公開日:

 つくづく女性は怖いものだ。最近の芸能人夫婦を見ていて、そう実感した諸兄も多いだろう。

 夏直前に勃発した俳優の船越英一郎(57)とタレントの松居一代(60)の離婚騒動では、松居がネット上に次々と背筋が凍るような動画を投稿。船越がハワイ在住の女性と不倫関係にあったと主張したり、船越のことを「バイアグラ男」と罵倒するなど、猛口撃を仕掛けたのだ。松居の動画を毎日、楽しみにしている主婦も多いというから世も末である。

 この騒動では、船越の所属事務所「ホリプロ」が、松居に対し法的措置を取ったことでひとまず“収束”。松居の船越に対する口撃は弱まったが、最近はテレビや雑誌のインタビューに応じたり、豪雨被災地に支援に行ったりと活発に活動している。ベテランの芸能記者はこう言う。

「ノーメークのやつれ切った表情で、船越の不倫を訴える姿に同情した人も多かったはずです。しかし、松居はもともと女優。不幸な妻を演じるくらいは楽勝でしょう。物事を大げさにして、人の耳目を集めたり注意を引くのは昔からうまかった。すべては自分のためであり、カネのためだからです。今度、水着になるようなことをほのめかしていますが、以前は映画でヌードになったこともある。メリットがあると判断すれば、週刊誌でグラビアを飾る日も近いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る