船越「ごごナマ」降板説 NHKが“松居派”主婦層に戦々恐々

公開日: 更新日:

 こうした世の流れに、NHK上層部が焦り始めているらしい。船越を起用し続けることが、受信料拒否の理由にされかねないからだ。NHK局内で最大の力を持つといわれる経理局も、船越の案件には密かに注目。仮に、経理局が“船越=マイナス”のジャッジを下し、降板勧告を出せば、制作サイドはかばい切れないといわれている。

 さらに、頼みの綱だった番組視聴率が、ここにきて急落している。

「4%前後を取っていた視聴率が、すぐに2%前後をウロウロする状態に戻ってしまった。昼の『あさイチ』を目指していたはずなのに、これはありえない数字です。早ければ10月の改編期で、船越は事実上の“降板”となる可能性が高い。後任の司会者には、高橋英樹、加山雄三、石坂浩二の3人の名前が挙がっています。すでに、それぞれから内諾を得ているそうです」(芸能プロ関係者)

 船越に浮上の目はあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る