• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コラムニストがバッサリ フジ「セシルのもくろみ」の敗因

 もっか芸能人のツイッターで大気炎を上げているといえば、女優・真木よう子(34)の右に出る者はいないだろう。フジテレビ系の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜22時)の内容や視聴率に関するネガティブな記事が発火点となり、世間の多くが抱いていたクールビューティーのイメージを“返上”。

〈こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!(ハート)(ハート)〉などと、有名私立小学校に通う娘を持つセレブママに似つかわしくない発言をアップし、物議を醸している。

 なんせ視聴率はズタボロだ。初回5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を頂点に直近の6回目は3.7%まで下落。

「テレビ業界はあくまでクライアントからのCM出稿で成り立つビジネス。録画やオンデマンド視聴が普及したとはいえ視聴率が出稿量を決める大きな判断材料になる。低視聴率が問題視されるのは致し方ない」(テレビ局関係者)。しかも、視聴率が取れるドラマは確実にあるだけに、真木の発言は“負け惜しみ”の強情にしか思えない。敗因は何か。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る