コラムニストがバッサリ フジ「セシルのもくろみ」の敗因

公開日: 更新日:

 もっか芸能人のツイッターで大気炎を上げているといえば、女優・真木よう子(34)の右に出る者はいないだろう。フジテレビ系の主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜22時)の内容や視聴率に関するネガティブな記事が発火点となり、世間の多くが抱いていたクールビューティーのイメージを“返上”。

〈こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!(ハート)(ハート)〉などと、有名私立小学校に通う娘を持つセレブママに似つかわしくない発言をアップし、物議を醸している。

 なんせ視聴率はズタボロだ。初回5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を頂点に直近の6回目は3.7%まで下落。

「テレビ業界はあくまでクライアントからのCM出稿で成り立つビジネス。録画やオンデマンド視聴が普及したとはいえ視聴率が出稿量を決める大きな判断材料になる。低視聴率が問題視されるのは致し方ない」(テレビ局関係者)。しかも、視聴率が取れるドラマは確実にあるだけに、真木の発言は“負け惜しみ”の強情にしか思えない。敗因は何か。コラムニストの桧山珠美氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る