たけしMCでも…フジ「27時間テレビ」盛り上がらないワケ

公開日: 更新日:

 来月9日にフジテレビで放送される「FNS27時間テレビ にほんのれきし」。総合司会のビートたけし(70)と進行役の関ジャニ∞村上信五(35)が制作発表の会見を行ったのだが、何ともしらけたムードが漂っている。それもそのはず、フジのお家芸だったバラエティー色は鳴りを潜め、歴史を扱った教養的な番組になるからだ。

 今年で31回目を迎える同番組に一体、何があったのか。

「フジテレビサイドが、これまでの27時間で数々の伝説をつくってきたたけしなら何とかしてくれるだろうと考えた結果、このような形になってしまった。“キャスティングありき”という今のフジを象徴するような番組作りです。しかも、本当はたけしはこの仕事をやりたくなかった。低迷する今のフジでいい番組が作れるわけがないからです。そこで、たけしサイドは自分が好きな“歴史モノ”を扱うなら、司会を受けてもいい――とムチャクチャな要望を出した。どうせ、フジは受け入れないだろうと思っていたら、あっさりオッケーしてきた。ギャラも破格のようです」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る