• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

44マグナム&アースシェイカー 34年ぶりギグにファン熱狂

 歌舞伎町の地下にあるライブハウスが、男たちのシャウトと爆音で揺れた。往年のハードロックバンド、44マグナムとアースシェイカーが先週末、「殴り込みギグ REBORN」と銘打って34年ぶりに再集結、全盛期と変わらぬパワーで満員のファンを熱狂させた。

 44マグナムのボーカル「ポール」こと梅原達也(56)は若年性パーキンソン病と闘病中で、頭に電極を埋め込む大手術でステージに復活、「俺はまだまだいける。来年でメジャーデビュー35周年だが、そんなのクソくらえだ。40周年、50周年までやってやる」と叫べば、アースシェイカーのマーシーこと西田昌史(58)が「青春時代から倍以上の時が流れたけど、80年代から今も、みんなの人生のどこかに44マグナムとアースシェイカーがいることに感謝します」とほえた。

 両バンド70分ずつ、代表曲で盛り上げたあと、最後にディープ・パープルの名曲「BURN(紫の炎)」をセッションで決め、会場が一体となっていた。芸能プロデューサーの野島茂朗氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る