• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

44マグナム&アースシェイカー 34年ぶりギグにファン熱狂

 歌舞伎町の地下にあるライブハウスが、男たちのシャウトと爆音で揺れた。往年のハードロックバンド、44マグナムとアースシェイカーが先週末、「殴り込みギグ REBORN」と銘打って34年ぶりに再集結、全盛期と変わらぬパワーで満員のファンを熱狂させた。

 44マグナムのボーカル「ポール」こと梅原達也(56)は若年性パーキンソン病と闘病中で、頭に電極を埋め込む大手術でステージに復活、「俺はまだまだいける。来年でメジャーデビュー35周年だが、そんなのクソくらえだ。40周年、50周年までやってやる」と叫べば、アースシェイカーのマーシーこと西田昌史(58)が「青春時代から倍以上の時が流れたけど、80年代から今も、みんなの人生のどこかに44マグナムとアースシェイカーがいることに感謝します」とほえた。

 両バンド70分ずつ、代表曲で盛り上げたあと、最後にディープ・パープルの名曲「BURN(紫の炎)」をセッションで決め、会場が一体となっていた。芸能プロデューサーの野島茂朗氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事