相田翔子は“寝耳に水”反応…Wink復活報道のウラ側

公開日:

 懐かしのアイドルデュオ、Wink復活が一部スポーツ紙で報じられ、ちょっとした騒ぎになっている。

 デビュー30周年となる来年4月に再始動し、新曲やコンサートを計画中というのだが、相田翔子(47)は21日のブログで「今朝の報道はびっくりでしたね! さっちんもきっとびっくりしているはず!」と寝耳に水のようなコメントを発表。

 とはいえファンからは「もし本当ならこんなにうれしいことはありません」「真相を待ちますね」など、復活を望む声が寄せられているといい、ヒョウタンから駒の可能性もありそうだ。

「1996年の活動停止から20年余り、相田翔子は司葉子の三男の医師と2008年に結婚し、5歳の長女は来春小学校に上がります。仕事も、歌に映画と順風満帆ですが、一方の鈴木早智子は公私ともにパッとしません。09年に出したアダルトイメージビデオ、10年に俳優との不倫を報じられ、休業に追い込まれたりで、最近もCSドラマ出演くらいしか聞こえてこないんです。私生活でも、48歳の今も独身の様子。活動休止後は対照的にも見える2人ですが、休止の理由は仲たがいではなかったし、いまも連絡を取り合う間柄というのですから、降って湧いた話であっても、翔子が早智子のためにひと肌脱いで再結成という筋はあり得ると思いますよ」(某局ワイドショー芸能デスク)

 Winkといえば1989年のヒット曲「淋しい熱帯魚」などで見せた無表情な歌い方と、ロボットのようなダンスが印象的。当時多くの子どもたちがマネをしてブームになったが、リバイバルブームとなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る