上原多香子が休業へ 奔放だったSPEEDメンバーの“明と暗”

公開日:

 1990年代に輝いたアイドルグループ「SPEED」のファンが心配しているのではないか。参院議員となった今井絵理子(33)に続いて、上原多香子(34)に不倫疑惑が浮上し、芸能マスコミの標的となっている。上原の場合、ミュージシャンの夫が2014年に自殺した端緒が、上原の俳優との不倫にあったとされ、騒動に拍車がかかっている。

 上原は出演中の舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の18日の千秋楽をもって、芸能活動を一時休業することを決めたという。元夫の遺族との間にわだかまりもあるようで、そうした心労や身辺整理をする必要があると判断したもようだ。

「SPEEDのメンバーでは、今井とツインボーカルの島袋寛子も、色恋沙汰でよく話題になっていた。2000年にグループが解散した理由も、島袋が元ジャニーズジュニアにのめり込んだからという説がまことしやかに語られた。島袋は所属事務所とひと悶着起こし、交際に反対する事務所に辞めてやると言い放ったのが、きっかけになったとも。メンバー間の不仲とか、いろんなことがあったにせよ、今また同じ問題で元メンバーが騒動になっているのを見て、ファンは何やってんだと思っているのでは」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る