放送法の縛りもなし 地上波TVがネット放送に駆逐される日

公開日:

 ネットがテレビをのみ込んでしまう日が刻一刻と近づいている。動画配信の「Abema(アベマ)TV」が企画、脚本から完全オリジナルの連ドラ「♯声だけ天使」を来年1月から配信することが明らかになった。

 総制作費はなんと3億円超。アベマTVといえば、元SMAPの3人組が生出演する「72時間ホンネテレビ」を11月2日に配信することでも注目されている。元SMAPに加え、連ドラも独自制作となって、世間に受け入れられたら、ただでさえジリ貧の民放はたまったもんじゃない。

 一部の調査では、有料の動画配信サービスの国内での利用者は右肩上がりで、現在は推定1100万人。月額数百円から約2000円を払えば、見たい動画を見たい時間に見放題なのはCMなどでもお馴染みだ。

「オリジナルドラマでは、米の動画配信大手、ネットフリックス(Netflix)が2013年から配信をはじめた『ハウス・オブ・カード』シリーズの世界的大ヒットで世界のドラマファンに認知されました。同ドラマがプライムタイム・エミー賞を受賞するなどして、作品の質でもネットドラマは折り紙付きになった。15年に日本進出したネットフリックスは世界190もの国と地域で運営され、1億人を超える視聴者に支持されています。なにしろ、圧倒的な作品群から視聴者ごとに好みの作品をセレクトして、勧めてくれたりする。ストーリー展開を選択できる機能も実験的に行われているし、地上波ではとてもできないサービスを提供しています」(スポーツ紙放送担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る