放送法の縛りもなし 地上波TVがネット放送に駆逐される日

公開日:

 ネットがテレビをのみ込んでしまう日が刻一刻と近づいている。動画配信の「Abema(アベマ)TV」が企画、脚本から完全オリジナルの連ドラ「♯声だけ天使」を来年1月から配信することが明らかになった。

 総制作費はなんと3億円超。アベマTVといえば、元SMAPの3人組が生出演する「72時間ホンネテレビ」を11月2日に配信することでも注目されている。元SMAPに加え、連ドラも独自制作となって、世間に受け入れられたら、ただでさえジリ貧の民放はたまったもんじゃない。

 一部の調査では、有料の動画配信サービスの国内での利用者は右肩上がりで、現在は推定1100万人。月額数百円から約2000円を払えば、見たい動画を見たい時間に見放題なのはCMなどでもお馴染みだ。

「オリジナルドラマでは、米の動画配信大手、ネットフリックス(Netflix)が2013年から配信をはじめた『ハウス・オブ・カード』シリーズの世界的大ヒットで世界のドラマファンに認知されました。同ドラマがプライムタイム・エミー賞を受賞するなどして、作品の質でもネットドラマは折り紙付きになった。15年に日本進出したネットフリックスは世界190もの国と地域で運営され、1億人を超える視聴者に支持されています。なにしろ、圧倒的な作品群から視聴者ごとに好みの作品をセレクトして、勧めてくれたりする。ストーリー展開を選択できる機能も実験的に行われているし、地上波ではとてもできないサービスを提供しています」(スポーツ紙放送担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る