密着映画で見せたテレビ愛 萩本欽一「仕事と運」を語る

公開日:

「欽ドン!」ほか視聴率30%超の番組を次々と世に送り出し、「視聴率100%男」の異名をとった萩本欽一さん(76)。自身が輝くだけでなく、欽ちゃんファミリーほか昨今のテレビ界で活躍する多くのタレントを発掘してきた。「大将」と尊敬される存在だが、当の本人は「誰ひとりとして育てた意識はない」とアッケラカンだ。

「僕自身、ダメなやつが成功したっていうことを忘れないでいる。当たるのは才能じゃなくて、運。だから僕に世話してもらったっていう気を持たれたら困っちゃう。こっちは世話したなんて思ってないんだもの。皆に『お歳暮や年賀状は出すな』って言ってます」

 恩返ししたいのなら、「仕事で返して欲しい」という親心こそだが、例外もあったという。

「小堺(一機)と関根(勤)には一度だけ、ボンレスハムを1本送れって伝えました。30年以上経っても仕事で僕にプラスになるようなことはな~んにもなくて、ちょっとムッとしたの。それで、関根はきちんと1本送ってきたんだけど、小堺は詰め合わせセットを送ってきやがんの。バカヤローでしょう?(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る