• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

あがり性で内気だった…萩本欽一“失敗続き”の下積み時代

 1970年代にテレビバラエティー界の頂点に立ち、「視聴率100%男」と呼ばれた萩本欽一。テレビで一線を退いてからも、長野冬季五輪閉会式の司会、クラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」結成、そして2015年には74歳にして駒沢大学に入学。型にはまらない自由な活動を続けている。

 今ではすっかり大御所芸人となった萩本だが、子供の頃は内気で引っ込み思案な性格だった。自伝本「なんでそーなるの!萩本欽一自伝」(日本文芸社)によると、小学生時代には断られるのが怖くて友達を遊びに誘うこともできなかった。人前で歌を歌うのも恥ずかしく、音楽の時間にも小声で歌っていた。

 下町の子供たちは、互いのベーゴマやメンコを奪い合って真剣に遊ぶ。そこで生き抜くために萩本はヨイショを覚えた。口八丁で場を仕切っているガキ大将のご機嫌を取り、味方につけたのだ。このとき身につけた話術が、のちの芸人仕事でも生かされているのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る