“原宿の母”に誘われ…島田秀平が「占い芸人」になるまで

公開日:

 手相を見る“代々木の甥”として人気のお笑い芸人・島田秀平さん(39)。漫才コンビ時代は外国人だらけのアパートで貧乏暮らし、解散後は“原宿の母”から占いの道に誘われて……。

 ◇  ◇  ◇

 最初は「号泣」というコンビでやってたけど、「爆笑オンエアバトル」(NHK)に出るくらいで、仕事がほとんどなくて貧乏でした。電気、電話、ガス、水道と全部止まりましたよ。時々、地方の仕事が入って新幹線のチケットをマネジャーから受け取ると、すぐ金券ショップでお金に換えて。名古屋くらいだと往復が2万円で1万円くらい浮く。時間はあるから、早朝から鈍行で半日かけたり、前日から夜行に乗ったりして仕事に行きました。

 押上の家賃4万円のアパートは風呂とトイレとキッチンと部屋を全部入れて4畳半。窓を開けると隣の家の壁だから日当たりゼロ。芸人は入居審査が厳しい物件には入れないから審査が緩いそのアパートにしたけど、15世帯の中で僕が105号室、相方が201号室に住み、他の部屋はほとんどがイラン人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る