“原宿の母”に誘われ…島田秀平が「占い芸人」になるまで

公開日: 更新日:

 手相を見る“代々木の甥”として人気のお笑い芸人・島田秀平さん(39)。漫才コンビ時代は外国人だらけのアパートで貧乏暮らし、解散後は“原宿の母”から占いの道に誘われて……。

 ◇  ◇  ◇

 最初は「号泣」というコンビでやってたけど、「爆笑オンエアバトル」(NHK)に出るくらいで、仕事がほとんどなくて貧乏でした。電気、電話、ガス、水道と全部止まりましたよ。時々、地方の仕事が入って新幹線のチケットをマネジャーから受け取ると、すぐ金券ショップでお金に換えて。名古屋くらいだと往復が2万円で1万円くらい浮く。時間はあるから、早朝から鈍行で半日かけたり、前日から夜行に乗ったりして仕事に行きました。

 押上の家賃4万円のアパートは風呂とトイレとキッチンと部屋を全部入れて4畳半。窓を開けると隣の家の壁だから日当たりゼロ。芸人は入居審査が厳しい物件には入れないから審査が緩いそのアパートにしたけど、15世帯の中で僕が105号室、相方が201号室に住み、他の部屋はほとんどがイラン人。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る