元メンバーが事務所提訴 「地下アイドル」搾取の悪質手口

公開日: 更新日:

 ハナから搾取するつもりでアイドル志望の少女たちをそそのかし、たぶらかしているヤカラが跋扈。その手口も、悪質だ。

「まず、契約といっても、給料制ではなく、ほとんどがライブの集客、チケット売り上げ、物販売り上げに応じた歩合報酬の業務委託契約です。業務委託に労基法は関係ないのを知った上で、長時間拘束している。そういう環境で、このところ増えているのが、芸能活動と引き換えに負債を負わされるケースです。タレントにプロモーション費、インターネット放送の番組枠の経費、さらに制作費といった名目で金銭を請求していくのです。数十万円から200万円程度ですが、それらを若い女性に用意させるのが難しい場合、消費者金融を複数まわらせたりする。また、ケータイの決済機能でAmazonなどのカードを購入させたり、クレジットカードで新幹線の回数券などを購入させたりして、金券ショップで現金にさせて払わせたりするんです」(野島氏)

 被害に遭っているのは、明日のスターを夢見る少女たち。今回の原告の少女は「デビューできるのがうれしくて契約をしてしまったが、今はどうにかこの現状を変えたい」と話していたが、少女の夢を食い物にするヤカラがいる限り、残酷物語は続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  4. 4

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る