元メンバーが事務所提訴 「地下アイドル」搾取の悪質手口

公開日: 更新日:

 とんでもない搾取だが、芸能プロデューサーの野島茂朗氏は「出演料とレッスン料の相殺は、まだマシな方です」と言い、こう続けた。

「事実、こうした被害が後を絶たず、被害者の会もできて、何とかしようとしているのですが、訴えることすらできないでいるケースがたくさんある。会社(事務所)を登記していなかったり、実際と全く関係のないところに会社名だけ登記していたり、第三者の会社や休眠会社の口座をつかって運営していたり……。そのうちのどこかの口座を手掛かりに被害者が弁護士に相談しても、事務所の実態もつかめなければ、加害者である社長や社員の本名請求先すら特定できず、泣き寝入りするしかないという状況に追い込まれたりしている。そういう相手は携帯番号も頻繁に変わって連絡を取ることすら難しくイタチごっこ。被害者が諦めるのを待っているとしか思えない。本当に悪質なんです」

■業務委託契約で長時間拘束

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  7. 7

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

  10. 10

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

もっと見る