米でセクハラ告発続出も 沈黙する日本芸能界の深過ぎる闇

公開日: 更新日:

 米ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインへの告発から始まったセクハラ問題がさらなる広がりを見せている。ケビン・スペイシー、ダスティン・ホフマン、スティーブン・セガールら人気俳優のかつてのセクハラ行為を被害者が続々と告発し、過去の“膿”が一気に噴出しているのだ。

 翻って日本では具体名が挙がる告発こそないが、「共演女優とやらないでどうする」が石原裕次郎の口癖だったと週刊誌が報じるなど、セクハラという言葉がない時代からある種のハラスメントが常態化。かつては「女優を愛人にしたんじゃない。愛人を女優にしたんだ」とうそぶいた映画プロデューサーもいたように、芸能界の人間ならば身に覚えありの厳然たる事実のようだ。

「ある大物歌手が主演した国内配給メジャー作品では、ヒロインの女優と『一回だけ寝る』という約束があった。誰もとがめることなく、記者たちも一緒になって『さすが、大物だねえ』と。裕次郎さんじゃないけれど、やるのが当たり前というような風潮があり、周りがお膳立てして女優は黙って従うしかない。それを誰も問題視しようとしなかった。50年代の日本映画黄金期の話じゃなくて90年代の話ですよ」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る