元メンバーが事務所提訴 「地下アイドル」搾取の悪質手口

公開日: 更新日:

 まだまだ氷山の一角だろう。「私たちと同じ状況の人もいると思う」と訴え出たのはアイドルグループ「虹色fanふぁーれ」を脱退した元メンバー4人。

 アイドルとして2年以上活動していながら、実質タダ働き。移籍を申し出ると「他で芸能絶対やるなよ。全力でつぶすぞ」などと脅し、活動を制限されたのは不当だとして、前所属事務所に契約の無効確認などを求める訴えをこのほど東京地裁に起こしたのだ。代理人の弁護士も「地下アイドルが増え、事務所とのトラブルの相談数は増えている」とコメントしていたが、インディーズの世界で活動する地下アイドルの実情は想像以上にヒドイ。

 今回の訴えによると、原告で10~20代の元メンバー4人は2015年7月に芸能事務所「デートピア」(東京・目黒)と契約した際、毎月の賃金3万8000円で契約したが、レッスン料として同額を差し引かれていた。契約書には「売り上げが生じた場合は定めた賃金とは別に金銭が支払われる」とあったにもかかわらず、イベントや物販などで利益が上がっても分配されることはなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程