元メンバーが事務所提訴 「地下アイドル」搾取の悪質手口

公開日: 更新日:

 まだまだ氷山の一角だろう。「私たちと同じ状況の人もいると思う」と訴え出たのはアイドルグループ「虹色fanふぁーれ」を脱退した元メンバー4人。

 アイドルとして2年以上活動していながら、実質タダ働き。移籍を申し出ると「他で芸能絶対やるなよ。全力でつぶすぞ」などと脅し、活動を制限されたのは不当だとして、前所属事務所に契約の無効確認などを求める訴えをこのほど東京地裁に起こしたのだ。代理人の弁護士も「地下アイドルが増え、事務所とのトラブルの相談数は増えている」とコメントしていたが、インディーズの世界で活動する地下アイドルの実情は想像以上にヒドイ。

 今回の訴えによると、原告で10~20代の元メンバー4人は2015年7月に芸能事務所「デートピア」(東京・目黒)と契約した際、毎月の賃金3万8000円で契約したが、レッスン料として同額を差し引かれていた。契約書には「売り上げが生じた場合は定めた賃金とは別に金銭が支払われる」とあったにもかかわらず、イベントや物販などで利益が上がっても分配されることはなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る