タレントから無理難題 芸能マネジャーの超ブラックな現実

公開日: 更新日:

 タレントの移籍や独立をめぐるトラブルや契約問題が取り沙汰されるなか、「芸能マネジャー 本日も人権なし」と題した特集を週刊現代の最新号が掲載して話題になっている。そこでは米倉涼子マツコ・デラックス浜崎あゆみらの名前が挙がっているが、職業としてのマネジャーはどういう役割なのか、外からはなかなかうかがい知れないだけに興味深い。

 求人サイトによると、芸能マネジャーはかねて人気職で、有名プロダクションの求人倍率は常に高い。一方、短期間で辞めてしまうケースも少なくないという。不規則な労働時間、タレントの送迎にスケジュール管理、営業の他、マスコミからの護衛や私生活の雑事にまで及ぶこともあるというからキリがない。

 芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「たとえばホリプロのマネジャーは仕事の際に現地集合、現地解散をうたっているし、吉本興業は現場に顔を出さない人もいます。忙しい売れっ子には常時、付きっきりのマネジャーがいる一方で、ひとりで何人ものタレントを担当しているマネジャーもいる。マネジャーの大きな業務のひとつがタレントの仕事を取ってくる営業なのですが、現場に顔を出さなくても大きな仕事を取って来て、3年後を見据えて活動をプロデュースしているような人は優秀とされますし、親身になって、それこそ全ての仕事に随行してタレントに信頼されている人もいる。本当にケース・バイ・ケースです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る