タレントから無理難題 芸能マネジャーの超ブラックな現実

公開日: 更新日:

 タレントの移籍や独立をめぐるトラブルや契約問題が取り沙汰されるなか、「芸能マネジャー 本日も人権なし」と題した特集を週刊現代の最新号が掲載して話題になっている。そこでは米倉涼子、マツコ・デラックス、浜崎あゆみらの名前が挙がっているが、職業としてのマネジャーはどういう役割なのか、外からはなかなかうかがい知れないだけに興味深い。

 求人サイトによると、芸能マネジャーはかねて人気職で、有名プロダクションの求人倍率は常に高い。一方、短期間で辞めてしまうケースも少なくないという。不規則な労働時間、タレントの送迎にスケジュール管理、営業の他、マスコミからの護衛や私生活の雑事にまで及ぶこともあるというからキリがない。

 芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「たとえばホリプロのマネジャーは仕事の際に現地集合、現地解散をうたっているし、吉本興業は現場に顔を出さない人もいます。忙しい売れっ子には常時、付きっきりのマネジャーがいる一方で、ひとりで何人ものタレントを担当しているマネジャーもいる。マネジャーの大きな業務のひとつがタレントの仕事を取ってくる営業なのですが、現場に顔を出さなくても大きな仕事を取って来て、3年後を見据えて活動をプロデュースしているような人は優秀とされますし、親身になって、それこそ全ての仕事に随行してタレントに信頼されている人もいる。本当にケース・バイ・ケースです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る