今なぜ音楽なのか? 大竹しのぶがアルバムリリースを語る

公開日:

 昨年の紅白歌合戦に初出場、「愛の讃歌」を歌って話題になった大竹しのぶがオリジナルアルバム「ち・ち・ち」をリリース。最後の曲は「愛の讃歌」だが、シンガー・ソングライター系のアーティスト、森山直太朗、山崎まさよし、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、中村中、kiroro玉城千春らが作詞・作曲したユニークな内容だ。

 バラードからロックンロール、ラブソングまでバラエティーに富んでいる。なぜ歌なのか、話を聞いた。

「芝居は私ひとりではなく、長時間かけて、その役を通して伝える作業ですが、音楽はもっとシンプルでお客さんの心に入っていける感じがあります。10年ほど前からトークと歌のコンサートをやっていますが、お客さまが元気になってくださることが何より楽しいです。

 コンサートの一環で万博会場で歌わせていただいた時があり、たまたま来ていたご高齢のご夫婦が“ヒット曲があるわけじゃないのにこの人、何をやるんだ?”って見ていたのが、1曲歌いアップテンポな曲になったら2人で本当に幸せそうに手拍子をして見ていたんです。そうか、歌はこんなふうに人に響いて楽しくさせることができる、理屈じゃないんだと。

 エディット・ピアフを演じたことも大きかったですね。ピアフという人の歌もすごく強烈。一回ごとのステージでそこにいる人にすべてをあげるみたいな感じが……。この3年は音楽ときちんと向き合っていこうと思って取り組んでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る