今なぜ音楽なのか? 大竹しのぶがアルバムリリースを語る

公開日: 更新日:

 昨年の紅白歌合戦に初出場、「愛の讃歌」を歌って話題になった大竹しのぶがオリジナルアルバム「ち・ち・ち」をリリース。最後の曲は「愛の讃歌」だが、シンガー・ソングライター系のアーティスト、森山直太朗、山崎まさよし、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、中村中、kiroro玉城千春らが作詞・作曲したユニークな内容だ。

 バラードからロックンロール、ラブソングまでバラエティーに富んでいる。なぜ歌なのか、話を聞いた。

「芝居は私ひとりではなく、長時間かけて、その役を通して伝える作業ですが、音楽はもっとシンプルでお客さんの心に入っていける感じがあります。10年ほど前からトークと歌のコンサートをやっていますが、お客さまが元気になってくださることが何より楽しいです。

 コンサートの一環で万博会場で歌わせていただいた時があり、たまたま来ていたご高齢のご夫婦が“ヒット曲があるわけじゃないのにこの人、何をやるんだ?”って見ていたのが、1曲歌いアップテンポな曲になったら2人で本当に幸せそうに手拍子をして見ていたんです。そうか、歌はこんなふうに人に響いて楽しくさせることができる、理屈じゃないんだと。

 エディット・ピアフを演じたことも大きかったですね。ピアフという人の歌もすごく強烈。一回ごとのステージでそこにいる人にすべてをあげるみたいな感じが……。この3年は音楽ときちんと向き合っていこうと思って取り組んでいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に