師匠が「ネタ全部忘れてええ」 桂吉弥さん初稽古の衝撃

公開日: 更新日:

 上方落語の実力派として、NHKの「生活笑百科」でお馴染みの桂吉弥さん(46)。神戸大学に入学し、落語研究会に入ったのが人生の転換点。足を向けて寝られないのは師匠の桂吉朝さん(故人)だ。

■寄席に通ってようやく見習になったものの……

「入門したいんか? けど俺、もう弟子は取れへんから」

 大学4回生になる直前やから1994年3月ごろです。豊中市の公民館で行われていた師匠・吉朝主催の寄席「岡町落語ランド」の楽屋に入門のお願いに行きましたら、あっけなく断られてしまった。事前にご自宅にお手紙を差し上げ、意思は伝えてあったんですけどね。

 そう言われても諦めるわけにいきません。何遍も何遍も寄席に通いましたら2カ月ほどして、「おまえ、落研なら着物たためるやろ」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る