石川さゆりさん 恩師の作詞家に尋ねた「天城越え」の背景

公開日:

 代表曲は言わずと知れた「津軽海峡・冬景色」「天城越え」。15歳で歌手デビュー、今年で45周年。6月には121枚目のシングル「春夏秋冬」をリリースした歌手の石川さゆりさん(59)。恩人は「肉親のようだった」と語る作詞家の吉岡治さん(享年76)だ。

 ◇  ◇  ◇

 おかげといえば、あちらにもこちらにもおかげさまだらけです。45年の長い間、歌わせていただくのは私ひとりの力ではとてもできなかったとしみじみ感じています。

 そんな中でも100曲を超えて書いていただいたのが吉岡さんです。新曲やアルバムだけではなく、1999年から青山劇場で歌と芝居を融合させた“歌芝居”というステージの作品作りにもご一緒していただき、2007年に文化庁芸術祭大賞をいただきました。

 最初はデビュー3年目の「ちいさな秘密」。当時はまだ10代、本格的に一緒にお仕事をするようになったのは27歳ごろからです。26歳で子供が生まれ、“新装開店”で、ディレクターの方が中心になり、作詞・作曲の先生方とチームになって新しい私のイメージをつくってくださいました。着物で歌うようになったのもこの時から。そして「波止場しぐれ」「大阪つばめ」「夫婦善哉」「滝の白糸」「天城越え」……ずっと吉岡さんが書いてくださいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る