石川さゆりさん 恩師の作詞家に尋ねた「天城越え」の背景

公開日: 更新日:

 代表曲は言わずと知れた「津軽海峡・冬景色」「天城越え」。15歳で歌手デビュー、今年で45周年。6月には121枚目のシングル「春夏秋冬」をリリースした歌手の石川さゆりさん(59)。恩人は「肉親のようだった」と語る作詞家の吉岡治さん(享年76)だ。

 ◇  ◇  ◇

 おかげといえば、あちらにもこちらにもおかげさまだらけです。45年の長い間、歌わせていただくのは私ひとりの力ではとてもできなかったとしみじみ感じています。

 そんな中でも100曲を超えて書いていただいたのが吉岡さんです。新曲やアルバムだけではなく、1999年から青山劇場で歌と芝居を融合させた“歌芝居”というステージの作品作りにもご一緒していただき、2007年に文化庁芸術祭大賞をいただきました。

 最初はデビュー3年目の「ちいさな秘密」。当時はまだ10代、本格的に一緒にお仕事をするようになったのは27歳ごろからです。26歳で子供が生まれ、“新装開店”で、ディレクターの方が中心になり、作詞・作曲の先生方とチームになって新しい私のイメージをつくってくださいました。着物で歌うようになったのもこの時から。そして「波止場しぐれ」「大阪つばめ」「夫婦善哉」「滝の白糸」「天城越え」……ずっと吉岡さんが書いてくださいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る