サカイCMの名脇役・徳井優を変えた井筒監督“小田原事件”

公開日: 更新日:

「引っ越しのサカイ」のテレビCMで知られる名バイプレーヤーの徳井優さん(58)。長い下積み時代からの恩人は映画監督の井筒和幸さん(64)だ。

 ◇  ◇  ◇

「いっぺんでいいからな。おまえの思う通りに思いっきりやれよ」

 その大きな声は激しい怒りを通り越して、諭すようなニュアンスもあったように思います。忘れもしませんわ。1991年6月の小田原。ある時代劇映画の夜間ロケの出来事です。声の主は井筒監督。僕は足軽役で敵兵の死体から奪い取った戦利品を抱え、うれしさのあまり欣喜雀躍するシーンでした。

 撮影のテストが始まったのが夕方5時ごろ。本番開始が夜9時すぎ。3、4分の長いワンシーンのワンカットの撮影で、僕がキーマンやったのにカチンコが鳴って、すぐにカット! カット! 長回しやから初めの方がよくても後半の途中でカットがかかり、また最初からやり直し。「違う」「面白ない」「芝居くさい」……。何十回、カットがかかったか覚えてないほどダメ出しをくらい、日付が変わってもまだダメ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る