• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サカイCMの名脇役・徳井優を変えた井筒監督“小田原事件”

「引っ越しのサカイ」のテレビCMで知られる名バイプレーヤーの徳井優さん(58)。長い下積み時代からの恩人は映画監督の井筒和幸さん(64)だ。

 ◇  ◇  ◇

「いっぺんでいいからな。おまえの思う通りに思いっきりやれよ」

 その大きな声は激しい怒りを通り越して、諭すようなニュアンスもあったように思います。忘れもしませんわ。1991年6月の小田原。ある時代劇映画の夜間ロケの出来事です。声の主は井筒監督。僕は足軽役で敵兵の死体から奪い取った戦利品を抱え、うれしさのあまり欣喜雀躍するシーンでした。

 撮影のテストが始まったのが夕方5時ごろ。本番開始が夜9時すぎ。3、4分の長いワンシーンのワンカットの撮影で、僕がキーマンやったのにカチンコが鳴って、すぐにカット! カット! 長回しやから初めの方がよくても後半の途中でカットがかかり、また最初からやり直し。「違う」「面白ない」「芝居くさい」……。何十回、カットがかかったか覚えてないほどダメ出しをくらい、日付が変わってもまだダメ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る