• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

篠原涼子「民衆の敵」大コケ PRに奔走する女性議員の謎

 フジテレビのPR作戦が臆測を呼んでいる。地方議員をヒロインにした篠原涼子(44)主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」で、現職の女性議員がドラマのPRに動いているというのである。

「ある30代の地方議員が『女性議員の座談会をやる雑誌を紹介してほしい』と、直々に芸能関係者に連絡しています。この議員はすでに、このドラマ関連でテレビ雑誌に写真誌のほか、フジサンケイグループの出版社である扶桑社の『SPA!』などにも登場している。彼女の夫が元フジテレビの関係者だけに、そうしたラインからPRに一役買うことになったのでしょうか」(ある芸能プロ幹部)

 ドラマは、篠原扮する子育て中のヒロインが市議会議員の高額報酬を知って、生活費のために立候補。あれよあれよと成功を重ね、市長へと上り詰めるストーリー。今年の政界で旋風を巻き起こした小池百合子東京都知事の活躍を当て込んでの企画ともみられた。ところが小池知事の失速もあって、働く女性の支持を得るはずが、視聴率は今年1月期放送で月9の歴代ワーストとなった「突然ですが、明日結婚します」の平均6・6%といい勝負になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る