• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

斉藤由貴のキスになぜ怒る 不倫騒動を謝るべきは世間の方

 人の色恋沙汰に口出すのは極めて下品ですよね。今、週刊誌の記事を取り上げて、皆でよってたかって、魔女狩りのようなことをしていますが、少し昔を振り返ってみると、タレントさんは皆、週刊誌に対して、「人の色恋沙汰を隠し撮りをして、口を挟んで、金を稼ぎやがって、サイテーだな」と週刊誌を批判する側のスタンスをとっていたと思うんです。

 ところが今は、タレントが週刊誌のブースターになって、週刊誌の仕事をタレント全員が後押しして、それで自分たちにお金入れているわけですよね。業務内容は、自分たちが少し昔に批判していた週刊誌のそれと変わらない。

 不倫の善悪なんて当人同士が決めればいいこと。世間に謝らなくてもいいし、謝罪会見なんてワケが分からない。「お騒がせしました」というけれど、つとめてコソコソ付き合っていたのに、それを勝手に隠し撮りをして、勝手に騒いだのは世間の方。謝るべきは、世間の方でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る