西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

斉藤由貴のキスになぜ怒る 不倫騒動を謝るべきは世間の方

公開日:

 人の色恋沙汰に口出すのは極めて下品ですよね。今、週刊誌の記事を取り上げて、皆でよってたかって、魔女狩りのようなことをしていますが、少し昔を振り返ってみると、タレントさんは皆、週刊誌に対して、「人の色恋沙汰を隠し撮りをして、口を挟んで、金を稼ぎやがって、サイテーだな」と週刊誌を批判する側のスタンスをとっていたと思うんです。

 ところが今は、タレントが週刊誌のブースターになって、週刊誌の仕事をタレント全員が後押しして、それで自分たちにお金入れているわけですよね。業務内容は、自分たちが少し昔に批判していた週刊誌のそれと変わらない。

 不倫の善悪なんて当人同士が決めればいいこと。世間に謝らなくてもいいし、謝罪会見なんてワケが分からない。「お騒がせしました」というけれど、つとめてコソコソ付き合っていたのに、それを勝手に隠し撮りをして、勝手に騒いだのは世間の方。謝るべきは、世間の方でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る