飯田久彦
著者のコラム一覧
飯田久彦エイベックス・エンタテインメント シニアアドバイザー

1941年、東京都出身。歌手として62年の「ルイジアナ・ママ」が大ヒットしてチャコの愛称で親しまれた。72年ビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)にアルバイトとして入社、プロデューサーとして活躍、99年3月専務取締役、同年6月テイチクエンタテインメント社長、05年同社会長、06年エイベックス・エンタテインメント取締役、現在、同社シニアアドバイザー。

斉藤和義は煮詰まると先生の著書「作詞家憲法」を読む

公開日:
故・かまやつひろしさんとも縁が深かった(C)日刊ゲンダイ

 今回、斉藤和義さんには「どの曲を選んでいただいてもいいです」と伝えました。すると大橋純子さんが歌った「たそがれマイ・ラブ」がいいとおっしゃって。斉藤さんは作詞に煮詰まると阿久悠先生の「作詞家憲法」を読むそうです。やっぱり実力、個性のある人は陰で努力しているし、必ずブレークします…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る