出るか“第2の貴乃花親方” 芸能界の暴力体質は角界顔負け

公開日:

 大相撲の元横綱日馬富士の平幕貴ノ岩への暴行事件が、芸能界にも波及するかもしれない。

 貴乃花親方が所轄の警察署に刑事告訴したことで大騒動になっているが、「これに続けと、業界にはびこる暴力体質を告発する者が出てきてもおかしくない」との声が芸能関係者にあるのだ。

「人気俳優やら売れっ子モデルを売り出した事務所の社長、多くのグラドルを育て上げたことで知られる大物、大手レコード会社幹部ら、パワハラのエピソードは有名な話。部下を殴ったり蹴ったりして、ガラスの大きな灰皿を投げつけてケガをさせたとか、被害者は数え切れないほどいます。独特の閉鎖社会で、そんなやつらに文句を言えば生きていけないと口をつぐみ、黙って耐えたり、いまもその痛みを引きずっている被害者が警察に駆け込んだり、ネットで告発すればどうなるか。貴乃花親方は相撲協会に報告せず、独善的な行動だと批判されていますが、被害者にすれば『その手があったのか』ということになるし、警察が捜査に着手したことで、成功例のように見えなくもない。これは芸能界にも影響を与える前例となるんじゃないでしょうか」(ある芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る