• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出るか“第2の貴乃花親方” 芸能界の暴力体質は角界顔負け

 大相撲の元横綱日馬富士の平幕貴ノ岩への暴行事件が、芸能界にも波及するかもしれない。

 貴乃花親方が所轄の警察署に刑事告訴したことで大騒動になっているが、「これに続けと、業界にはびこる暴力体質を告発する者が出てきてもおかしくない」との声が芸能関係者にあるのだ。

「人気俳優やら売れっ子モデルを売り出した事務所の社長、多くのグラドルを育て上げたことで知られる大物、大手レコード会社幹部ら、パワハラのエピソードは有名な話。部下を殴ったり蹴ったりして、ガラスの大きな灰皿を投げつけてケガをさせたとか、被害者は数え切れないほどいます。独特の閉鎖社会で、そんなやつらに文句を言えば生きていけないと口をつぐみ、黙って耐えたり、いまもその痛みを引きずっている被害者が警察に駆け込んだり、ネットで告発すればどうなるか。貴乃花親方は相撲協会に報告せず、独善的な行動だと批判されていますが、被害者にすれば『その手があったのか』ということになるし、警察が捜査に着手したことで、成功例のように見えなくもない。これは芸能界にも影響を与える前例となるんじゃないでしょうか」(ある芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る