東京五輪も視野 ジャニ写真“ネット解禁”の背景に世界戦略

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所が所属タレントの記者会見での写真などをウェブニュースに掲載することを解禁して話題だ。1月31日の「ネット解禁」から約1週間、ジャニーズの狙いを深読みしてみると……。

「スマホを中心とした情報伝達・情報処理が大きな比重を占めるようになった市場の変化に段階的に対応」というのが、ジャニーズ側の説明だが、もうひとつの理由として、海外メディアへの対応があるのではないかとみられている。

「ジャニーズは2020年東京オリンピック・パラリンピックへ向けて戦略を練っています。ネット解禁第1号となった錦戸亮の会見場所は有楽町の外国特派員協会だった。そこで英語で挨拶した錦戸はハリウッド挑戦も口にしていた。海外作品への出演では、映画『硫黄島からの手紙』に嵐の二宮和也が出演した際、06年の東京国際映画祭ではウェブ媒体への写真掲載を例外的に許可していたが、ネット不可のルールを国際的にごり押しするのは不可能に近く、だったら解禁しかないと判断したのではないか」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る