• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAPがフタに Hey!Say!JUMPが紅白出場に10年かかったワケ

 これほど紅白までの道のりが長かったジャニーズアイドルはいなかったのではないか。Hey!Say!JUMPのことである。2007年の結成から10年、ファンにとっては悲願の初出場となった。

 メンバーが平成生まれであることから名づけられたグループ名は当時強烈なインパクトを持っていたが、もはや平成も30年になる。

 デビューから5年間「ワールドカップバレーボール」や「春高バレー」などのスペシャルサポーターを務め、ジャニーズを下支えしてきたが、09年に新たなグループ、NYCの前身が結成され、主力メンバーの山田涼介(24)、知念侑李(23)がグループ掛け持ち状態に。3年ほどNYC優先状態が続き、紅白にも連続出場。“母屋”のヘイセイが期間限定グループに先を越された。また11年デビューのSexy Zone(略してセクゾ)も13年に紅白に出場。同世代の藤ケ谷太輔(30)、北山宏光(32)らのKis―My―Ft2(略してキスマイ)と共に不遇のグループといわれてきた。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事