てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

年400本TV出演の秘訣 ビビる大木は“自分を消せる”仕事人

公開日:

「出勤って言うと、『ん?』って言われるけど、出勤じゃないですか」(ビビる大木/テレビ朝日「俺の持論」2月3日)

 ファンレターが10年間ゼロというほど“人気”がないにもかかわらず、年間約400本ものテレビ番組に出演しているビビる大木(43)。そんな彼は、身の丈に合った生活を続けるため、いまだに電車で“出勤”しているという。

 毎朝のように満員電車に揺られる通勤ラッシュを味わっているのだ。そんな彼が漏らした言葉を今週は取り上げたい。

 芸能人が収録に行くことをあまり「出勤」とは言わない。だが、大木にとってそれは「出勤」なのだ。なぜなら、紛れもなく収録は「仕事」だからだ。

 以前、大木は遊び心あふれる草創期のテレビが魅力的だという話の流れから、満島ひかりに「テレビで遊べてますか?」と問われ、こう即答した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る