てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

落語しない落語家 笑福亭鶴瓶が語った“テレビ芸人”の矜恃

公開日: 更新日:

「バラエティーってホントに瞬間やんか。だから、バラエティーのとこで腕もってる人って、とんでもないことよ」(笑福亭鶴瓶/TBS「A-Studio」1月5日放送)

 リアクション芸をやり続け、いまや国民的人気者となった出川哲朗。彼はビートたけし明石家さんまタモリら大御所の芸人たちと数多くの共演を果たしてきた。だが、意外にも笑福亭鶴瓶(66)との本格的共演はあまり多くない。

 鶴瓶はテレビでは後輩たちにもイジられる“おもろいおっちゃん”というようなイメージだが、根は落語家だ。しっかりとした芸を持っている。だから、出川は自分のようなリアクション芸人のことは評価していないのではないか、と感じていた。

 そんな出川の思いに対し、鶴瓶は強く否定し、「(誤解を)怖がらんと言うなら、落語のほうが簡単や」と言って、続けた言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 8

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る