てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

テレビに全てを捧げる マツコ・デラックスが得た「救い」

公開日:  更新日:

「この焼け野原で残った人こそが、ホントにテレビを愛してる人だと思う」(マツコ・デラックス/NHK・Eテレ「SWITCHインタビュー・達人達(たち)」1月20日放送)

 今やテレビは「メディアの王様」ではなくなり、かつてのような潤沢な予算がなくなってしまった。だが、マツコ・デラックス(45)はその現状は不幸なことばかりではないという。その理由を語った言葉を今週は取り上げたい。

 つまり、決してお金もうけができるジャンルではなくなりつつあるにもかかわらず、そこに残っている人たちこそが、テレビを愛している人たちだ、と言うのだ。

 マツコが本格的にテレビの世界に出始めたのは「5時に夢中!」(TOKYO MX)から。その出演はひょんなことがきっかけだった。出演予定者が急きょ出られなくなったため、代役を用意しなくてはならなくなり、そこで白羽の矢が立ったのが、当時MCだった徳光正行の知り合いのマツコだった。この出演が好評だったため、レギュラーに抜擢されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る