てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

テレビに全てを捧げる マツコ・デラックスが得た「救い」

公開日:  更新日:

「この焼け野原で残った人こそが、ホントにテレビを愛してる人だと思う」(マツコ・デラックス/NHK・Eテレ「SWITCHインタビュー・達人達(たち)」1月20日放送)

 今やテレビは「メディアの王様」ではなくなり、かつてのような潤沢な予算がなくなってしまった。だが、マツコ・デラックス(45)はその現状は不幸なことばかりではないという。その理由を語った言葉を今週は取り上げたい。

 つまり、決してお金もうけができるジャンルではなくなりつつあるにもかかわらず、そこに残っている人たちこそが、テレビを愛している人たちだ、と言うのだ。

 マツコが本格的にテレビの世界に出始めたのは「5時に夢中!」(TOKYO MX)から。その出演はひょんなことがきっかけだった。出演予定者が急きょ出られなくなったため、代役を用意しなくてはならなくなり、そこで白羽の矢が立ったのが、当時MCだった徳光正行の知り合いのマツコだった。この出演が好評だったため、レギュラーに抜擢されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る