てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

なぜ慕われる? 内村光良は若手の刺激がネタ作りの原動力

公開日: 更新日:

「(若手のネタを)見てるうちに作ってみたいなって」(内村光良日本テレビ「UWASAのネタ」1月6日放送)

 約9年ぶりにテレビの前でネタを披露した内村光良(53)。実はそのネタは昨年10月に開催された単独ライブ「内村文化祭 ’17秋空」用に作ったものだ。これだけ大御所になったにもかかわらず、どうして新作を作り続けるのか尋ねられた内村が答えた言葉を今週は取り上げたい。

 内村は現在「内村てらす」(日本テレビ)や「にちようチャップリン」(テレビ東京)のMCなどで若手のネタを見る機会が多くなっている。それに刺激を受けたと言うのだ。

 内村といえば、昨年末には「紅白歌合戦」(NHK)の“総合司会”として、本人が「総合ってなにかね?」とこぼすほど獅子奮迅の活躍。コントキャラに扮し、ミニコントをやったかと思えば、欅坂46と「不協和音」を踊った。もはや、お笑い芸人として最高峰にいると言っても過言ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る