てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

なぜ慕われる? 内村光良は若手の刺激がネタ作りの原動力

公開日:

「(若手のネタを)見てるうちに作ってみたいなって」(内村光良/日本テレビ「UWASAのネタ」1月6日放送)

 約9年ぶりにテレビの前でネタを披露した内村光良(53)。実はそのネタは昨年10月に開催された単独ライブ「内村文化祭 ’17秋空」用に作ったものだ。これだけ大御所になったにもかかわらず、どうして新作を作り続けるのか尋ねられた内村が答えた言葉を今週は取り上げたい。

 内村は現在「内村てらす」(日本テレビ)や「にちようチャップリン」(テレビ東京)のMCなどで若手のネタを見る機会が多くなっている。それに刺激を受けたと言うのだ。

 内村といえば、昨年末には「紅白歌合戦」(NHK)の“総合司会”として、本人が「総合ってなにかね?」とこぼすほど獅子奮迅の活躍。コントキャラに扮し、ミニコントをやったかと思えば、欅坂46と「不協和音」を踊った。もはや、お笑い芸人として最高峰にいると言っても過言ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る