てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

芸人の“あるべき論”と無縁 ブルゾンちえみの「待つ」才能

公開日:  更新日:

フジテレビ「ボクらの時代」(17年12月24日放送)

「ブルゾンちえみだったら触れるの。照れ隠しでブルゾンちえみになったりする」(ブルゾンちえみ/フジテレビ「ボクらの時代」12月24日放送)

 2017年に大ブレークし、もっとも旬だったタレントといえばブルゾンちえみ(27)だろう。そんな彼女が、ドラマで共演した桐谷美玲と水川あさみと女子会トークで、恋愛観を語っていた。彼女は、相手に自分が好きだと気づかれるのが恥ずかしいという。だから相手に触れられない。そんな時、キャラになりきるのだと語った言葉を今週は取り上げたい。

 基本はそれができないから、相手から「好き」と言ってくれるまで「待つ」のだという。

 ブルゾンちえみは、まさに「2017年」に現れた新星だ。なにしろ本格的なテレビほぼ初出演が、同年1月1日放送の「ぐるナイ!おもしろ荘」(日本テレビ)。そこで瞬く間にブレークをし、その後、各局のネタ番組に引っ張りだこになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る