ポンキッキーズ終了報道 フジはガチャピンも“リストラ”か

公開日:

 4月の番組改編に伴い、ガチャピン&ムックでなじみ深い「ポンキッキーズ」(BSフジ)が打ち切りという内示が出たと「女性自身」が報じ、ネットを中心に動揺が広がっている。BSフジ側は「現段階ではまだ決まっていない」というが、番組を制作するフジテレビKIDSは今後はキャラクターの版権管理を中心に運営していくと回答。1973年の番組開始以来、打ち切り候補に挙がることなどなかっただけに、ガチャピンも真っ青だろう。

 同番組は、その昔、安室奈美恵(40)、鈴木蘭々(44)、三浦大知(30)、爆笑問題らも出演。テーマ曲には森高千里(48)、斉藤和義(51)を起用したりとエンタメ性の高さでは群を抜いていた。中でも、看板キャラのガチャピンは運動神経万能でスキューバダイビング、パラセーリング、スキー、宇宙飛行などもこなし、ガチャピンのチャレンジDVDだけで5本も発売。お台場の夏のイベントではステージもこなし、コラボ商品のほか、最近ではUQモバイルのCMにも出演。そんな人気者を抱えたフジテレビKIDSはグループ会社の中でも経営は安泰だと思われていただけにショックは大きい。

 番組制作がなくなれば在籍する社員の5分の4は仕事がなくなりお払い箱とか。またフジテレビからの出向社員が本体に戻ったところで居場所は難しいとも。ガチャピンの手には“愛と勇気”が詰まっているエネルギーボールが付いているが、今はやり場のない怒りのエネルギーボールと化していることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る