• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石原プロ制作「大都会」は“人間描くアクションならいい”と

石原裕次郎(右)と渡哲也/(C)共同通信社

 石原裕次郎率いる石原プロモーション制作の刑事ドラマ「大都会 闘いの日々」(76~79年、日本テレビ系)に携わった倉本氏。事務所を束ね、昭和を代表する売れっ子俳優に対しどんな思いを抱いていたのか。

碓井 倉本先生とは同い年だった石原裕次郎さんですが……

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る