• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

息子を溺愛…森田剛の母&宮沢りえに“嫁姑問題”危ぶむ声

 16日にV6の森田剛(39)と結婚した宮沢りえ(44)。宮沢が出席した18日のCM発表会見には報道陣が集まり、りえも顔をほころばせた。

 今年2月に広さ約300平方メートルで家賃150万円超の富裕層ファミリー向け物件に引っ越し。ここで宮沢は長女と森田の3人で新生活を始めるわけだが、幸せをよそに、宮沢と森田の母親の“嫁姑問題”を周囲は案じ始めているという。

「森田の母親は埼玉県でスナックを経営しているのですが、かつて森田ママは森田のことをブログで“王子”と表現していました。常連客の間でも息子への溺愛ぶりは有名です。森田も20代前半までは都心から30キロほど離れた実家で暮らしていました。マザコンではありませんが、森田は母親のことをものすごく慕っています」(関係者)

 かつて森田は上戸彩(32)と交際していた。2人が交際に終止符を打った約8年前、破局の理由は多忙や結婚観の違いと言われたが、森田の母親の存在を指摘する声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事