4月以降は所属事務所なしか 西内まりや「引退」のピンチ

公開日: 更新日:

 デビュー時はポスト・安室奈美恵ともてはやされた歌手で女優の西内まりや(24)だが、どうやらこのままひっそりと芸能界を去ることになりそうだ。

 そもそも、そうなったのは西内自身の言動がきっかけ。昨年10月、所属事務所の社長にいきなりビンタをお見舞いしていたことが同11月に一部報道で発覚。報道によると、10月下旬には西内の代理人から事務所に対し、今年4月以降、事務所との契約を更新しない旨が書かれた内容証明が送られたというのだ。

「誰かが西内に入れ知恵したと思われますが、その入れ知恵をした人物もまさか西内がビンタをお見舞いするとは思っていなかったようです。昨年春から開店休業状態だった西内に毎月何百万円もの給料を払い続けている事務所にしたらたまったもんじゃありません」(芸能関係者)

 今年に入ってからは、一部週刊誌が西内を直撃。西内は「引退は考えていないです」と断言。今まで話す機会がなかったため、直撃した記者に涙ながらに感謝したというのだが……。

「獲得に手を上げる事務所はまずないでしょう。西内が今の事務所に頭を下げ、イチからやり直すことでも約束しない限り、今後、活動を続けるのは難しい」(前出の芸能関係者)

 芸能界は椅子取りゲーム。少しでも腰を浮かせたら居場所はあっという間になくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る