4月以降は所属事務所なしか 西内まりや「引退」のピンチ

公開日:

 デビュー時はポスト・安室奈美恵ともてはやされた歌手で女優の西内まりや(24)だが、どうやらこのままひっそりと芸能界を去ることになりそうだ。

 そもそも、そうなったのは西内自身の言動がきっかけ。昨年10月、所属事務所の社長にいきなりビンタをお見舞いしていたことが同11月に一部報道で発覚。報道によると、10月下旬には西内の代理人から事務所に対し、今年4月以降、事務所との契約を更新しない旨が書かれた内容証明が送られたというのだ。

「誰かが西内に入れ知恵したと思われますが、その入れ知恵をした人物もまさか西内がビンタをお見舞いするとは思っていなかったようです。昨年春から開店休業状態だった西内に毎月何百万円もの給料を払い続けている事務所にしたらたまったもんじゃありません」(芸能関係者)

 今年に入ってからは、一部週刊誌が西内を直撃。西内は「引退は考えていないです」と断言。今まで話す機会がなかったため、直撃した記者に涙ながらに感謝したというのだが……。

「獲得に手を上げる事務所はまずないでしょう。西内が今の事務所に頭を下げ、イチからやり直すことでも約束しない限り、今後、活動を続けるのは難しい」(前出の芸能関係者)

 芸能界は椅子取りゲーム。少しでも腰を浮かせたら居場所はあっという間になくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る