• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バイきんぐ小峠が大出世 CMで仏名優と共演までの苦難の道

 テレビでオンエア中のオランジーナ(サントリー食品インターナショナル)の新CMで陽気なパリジャンを気取っているのはバイきんぐの小峠英二(41)だ。

 リチャード・ギア(68)が寅さんに扮する「ムッシュはつらいよ」編やフランスの美人女優サロメ・デ・マート(26)がフランス語教師を演じた「オランジーナ先生」編の続編。小峠はパリ出身の俳優ヴァンサン・カッセル(51)と共演して話題になっている。

 小峠は2016年から放送された「オランジーナ先生」編にも警察官役で出演。「先生編」では木村文乃や佐藤二朗、坂口健太郎、武田鉄矢との共演だったが、今回は舞台をパリに移し、なんと小峠ひとりで、かの名優を相手に“小粋”な芝居を見せているのである。制作インタビューでは「昔から彼の作品はけっこう見ていて、まさか共演させていただくことになるとは夢にも思わなかった」と語っているが、2作連続で同CMに出演している日本人は小峠だけ。大抜擢、大出世といえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事