志ん朝師匠を知らずに「春団治師匠ですか?」と言ったら…

公開日: 更新日:
古今亭志ん朝(C)共同通信社

 皇族ネタは寄席でもよく受けるという。新作落語で寄席の客を受けさせるのは生半可な技ではできないのに白鳥は爆笑させる。しかし、そうなるまでは苦難の連続だった。

 新潟県上越市出身の藤田英明(本名)青年は日大芸術学部に入学すると、空手部と童話絵本研究会に…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る