• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

志ん朝師匠を知らずに「春団治師匠ですか?」と言ったら…

古今亭志ん朝(C)共同通信社

 皇族ネタは寄席でもよく受けるという。新作落語で寄席の客を受けさせるのは生半可な技ではできないのに白鳥は爆笑させる。しかし、そうなるまでは苦難の連続だった。

 新潟県上越市出身の藤田英明(本名)青年は日大芸術学部に入学すると、空手部と童話絵本研究会に…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事