聴取率100期連続首位 TBSラジオは“ブレないメディア”貫く

公開日:

 TBSがラジオ部門で偉業を達成した。2月26日~3月4日の個人聴取率で1位となり、なんと100期連続でトップを獲得。2001年8月からその期間16年8カ月!

 今回、同じく首位J―WAVE、僅差で3位ニッポン放送と続くが、16年以上の間、1度も他局に抜かれたことがない安定感に驚嘆だ。

 聴取率ランキングで上位のパーソナリティーは伊集院光(50)や漫才師のナイツに加え、TBSの安住紳一郎(44)。さらに産休していたフリーアナ赤江珠緒(43)が昼の帯番組「たまむすび」に今週から復帰することも話題で強さはまだ続きそう。

 ラジオはすたれていくメディアという印象だったが、11年の東日本大震災で乾電池で聴けるラジオが情報ツールとして見直され、全体の聴取率が上がった。その後、上下したものの、現在はラジオアプリなどパソコンやスマホでラジオを聴く若者が増えているという。ネット経由だから、地方に住む若者が首都圏の番組を聴いたりする。好きなミュージシャンや著名人がどこで番組をやっていようとスマホ片手に聴取できるわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る