• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

聴取率100期連続首位 TBSラジオは“ブレないメディア”貫く

 TBSがラジオ部門で偉業を達成した。2月26日~3月4日の個人聴取率で1位となり、なんと100期連続でトップを獲得。2001年8月からその期間16年8カ月!

 今回、同じく首位J―WAVE、僅差で3位ニッポン放送と続くが、16年以上の間、1度も他局に抜かれたことがない安定感に驚嘆だ。

 聴取率ランキングで上位のパーソナリティーは伊集院光(50)や漫才師のナイツに加え、TBSの安住紳一郎(44)。さらに産休していたフリーアナ赤江珠緒(43)が昼の帯番組「たまむすび」に今週から復帰することも話題で強さはまだ続きそう。

 ラジオはすたれていくメディアという印象だったが、11年の東日本大震災で乾電池で聴けるラジオが情報ツールとして見直され、全体の聴取率が上がった。その後、上下したものの、現在はラジオアプリなどパソコンやスマホでラジオを聴く若者が増えているという。ネット経由だから、地方に住む若者が首都圏の番組を聴いたりする。好きなミュージシャンや著名人がどこで番組をやっていようとスマホ片手に聴取できるわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る