聴取率100期連続首位 TBSラジオは“ブレないメディア”貫く

公開日:

 TBSがラジオ部門で偉業を達成した。2月26日~3月4日の個人聴取率で1位となり、なんと100期連続でトップを獲得。2001年8月からその期間16年8カ月!

 今回、同じく首位J―WAVE、僅差で3位ニッポン放送と続くが、16年以上の間、1度も他局に抜かれたことがない安定感に驚嘆だ。

 聴取率ランキングで上位のパーソナリティーは伊集院光(50)や漫才師のナイツに加え、TBSの安住紳一郎(44)。さらに産休していたフリーアナ赤江珠緒(43)が昼の帯番組「たまむすび」に今週から復帰することも話題で強さはまだ続きそう。

 ラジオはすたれていくメディアという印象だったが、11年の東日本大震災で乾電池で聴けるラジオが情報ツールとして見直され、全体の聴取率が上がった。その後、上下したものの、現在はラジオアプリなどパソコンやスマホでラジオを聴く若者が増えているという。ネット経由だから、地方に住む若者が首都圏の番組を聴いたりする。好きなミュージシャンや著名人がどこで番組をやっていようとスマホ片手に聴取できるわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る