• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

増える“セレブ若手芸人”に中堅&ベテランが心境複雑のワケ

 下積み時代の貧乏エピソードを披露する芸人は数多くいるが、最近では働く必要すらないお金持ちが芸人をやってセレブぶりを語るというケースが増えてきている。

「THE W」で決勝まで進んだ「どんぐりパワーズ」のミナコは、親が北海道で建築会社を経営しており、東京に出る娘のために世田谷区に3000万円のマンションをプレゼントされた筋金入りのお嬢さま。

 また、芸歴1年目の「私と社長。」は、年収3500万円の不動産会社社長の男性と元モデルの女性という異色コンビだ。

 そんなもともと金持ち芸人たちは、嫉妬もあってか先輩芸人たちから総スカンの状態で、現場でも無視されているという。お笑い事務所関係者が語る。

「元から金持ちのセレブが、趣味やファッションでお笑いをやるというのは叩かれて当然かもしれません。でも実は中堅芸人たちが若手の金持ち芸人を目の敵にするのは、数年前の出来事が尾を引いてるんですよ。当時、小島よしおの女性マネジャーが美人だと評判で、独身芸人たちはみんなその子を狙ってたんです。ところが、“バッハの子孫で超資産家”ということ以外に何も売りがなかった『タイムボム』のニックという謎の若手セレブ芸人にあっさりそのマネジャーが奪われてしまった。しかも即結婚。みんな悔しがっていました。しかもその後、芸人として一人前になるべく頑張り始めたのならまだしも、ニックは別に生活費には困ってないからとあっさり芸能界を辞めてしまった。先輩芸人たちの怒りももっともですよね」

 ぜいたくな生活が保証された環境で芸人を目指す人が増えたのは、それだけ芸人の存在とお笑いの仕事の社会的価値が上がった証拠。だが、ハングリー精神ゼロの若手の扱いに、中堅、ベテランの心境は複雑。お笑い界にも到来した格差社会を素直に認めたくない芸人が多いのも仕方がないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る