クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

沈黙─サイレンス─ (2016年・米国、台湾、メキシコ)

公開日:

 ハリウッドを代表する巨匠マーティン・スコセッシが、苛酷なキリシタン弾圧下の江戸初期の人間ドラマを描く。

 日本で恩師を捜そうと密航してきた若き宣教師ロドリゴ。隠れキリシタンにかくまわれて布教を行うが、信者の裏切りで奉行に捕らわれる。

 目の前で信者が首をはねられたり、生きたまま海に沈められたり……。残酷な刑を見せつけられ、「あいつらが死んでしまうのは、全部おまえのせいだぞ」と奉行の家臣に追い込まれていく。

 そんな中、棄教して日本人の妻と所帯を持ち日本名を授けられた恩師に再会。恩師の言葉は、どんなに強い信念があっても、時と場所が違えば無に等しいと諭す。弟子は恩師に絶望し、「裏切り者」とののしるが……。

 構想28年、遠藤周作の原作を巨匠が見事に映像化。2時間40分の大作ながら、重いテーマを飽きずに見させる演出はさすが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る