• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元NHK登坂アナ 松本人志にイジられ“印象ロンダリング”成功

 元NHKでフリーアナウンサーの登坂淳一(46)が15日、「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、「プライムニュース」キャスターの降板騒動について語った。

 登坂はメイン司会のダウンタウン松本人志(54)からは「“麿(愛称)″と呼んでいいのか、“下り坂さん″なのか」といきなりイジられ「どんなジャンルにも挑戦したい」とコメント。番組降板に関しては、降ろされたのではなく“自分から降りた″と語った。コラムニストの桧山珠美氏は「テレビ出演はまず成功でしょう」とこう分析する。

「今回の出演で登坂さんがイジってもいいキャラクターだと周知され、MXの『5時に夢中!』、TBSの『サンデー・ジャポン』、フジテレビの『バイキング』などにゲストで出演するストーリーが見えてきた。降板になったフジテレビから出演したことで“出入り禁止”になっていないこともわかったのはプラスでしょう。トークから本人はさほど面白いキャラクターとは思えません。が“ワキの甘さは日本一″ですから、今、旬のやらかしキャラでテレビ局を一巡できるはず。フジテレビ的にも“登坂イジリ″を踏み台に、反町理氏のパワハラ問題、松山俊行氏の愛人スキャンダルまで『プライムニュース』の暗部をまとめて松本がイジってふんわりバラエティーに昇華させ、悪しき印象を食い止めることができた。双方ウィンウィンでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る