• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元NHK登坂アナ 松本人志にイジられ“印象ロンダリング”成功

 元NHKでフリーアナウンサーの登坂淳一(46)が15日、「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、「プライムニュース」キャスターの降板騒動について語った。

 登坂はメイン司会のダウンタウン松本人志(54)からは「“麿(愛称)″と呼んでいいのか、“下り坂さん″なのか」といきなりイジられ「どんなジャンルにも挑戦したい」とコメント。番組降板に関しては、降ろされたのではなく“自分から降りた″と語った。コラムニストの桧山珠美氏は「テレビ出演はまず成功でしょう」とこう分析する。

「今回の出演で登坂さんがイジってもいいキャラクターだと周知され、MXの『5時に夢中!』、TBSの『サンデー・ジャポン』、フジテレビの『バイキング』などにゲストで出演するストーリーが見えてきた。降板になったフジテレビから出演したことで“出入り禁止”になっていないこともわかったのはプラスでしょう。トークから本人はさほど面白いキャラクターとは思えません。が“ワキの甘さは日本一″ですから、今、旬のやらかしキャラでテレビ局を一巡できるはず。フジテレビ的にも“登坂イジリ″を踏み台に、反町理氏のパワハラ問題、松山俊行氏の愛人スキャンダルまで『プライムニュース』の暗部をまとめて松本がイジってふんわりバラエティーに昇華させ、悪しき印象を食い止めることができた。双方ウィンウィンでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る