• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片岡仁左衛門の一世一代 「絵本合法衢」で魅せる悪の美学

〈一世一代〉というと、〈一生に一度くらいの、すごいこと〉という意味で使われるが、本来は〈その役の演じ納め〉という興行用語だ。今月の歌舞伎座では片岡仁左衛門が「絵本合法衢」を一世一代と銘打って演じている。

 役者の中には当たり役を、ヨレヨレになりセリフが覚束なくなっても演じ続ける人もいれば、体力的、容姿的に限界を感じたところで演じ納めとする人もいる。それぞれに美学があるが、仁左衛門は後者だ。

「絵本合法衢」での仁左衛門は2人の悪人を演じ、登場人物のほとんどを殺しまくる。歌舞伎での殺人は、やむにやまれぬ殺人とか、はずみで殺してしまったとか、殺した後で悔いたりとか、殺す側に同情の余地があるのだが、この芝居での仁左衛門の役は徹底的な悪人だ。

 それなのに、仁左衛門が殺すたびに拍手してしまうわけで、仁左衛門の「悪の美学」には、観客も共犯関係に導くだけの魅力がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る