テレ朝は村上信五 W杯“放送権料高騰”で投資分回収できるか

公開日: 更新日:

 先週、関ジャニ∞の村上信五(36)がテレビ朝日のサッカー中継のプレゼンターに就任したことが発表された。6月14日開幕のロシアW杯に向けて各局が話題づくりに余念がない。

 だが、浮かれてばかりはいられない。放送権料がすごい勢いで高騰。先週、公になったデータによると、ジャパンコンソーシアム(NHKと民間放送局の共同制作機構)がFIFAに支払う額は前回ブラジル大会から1・5倍になって600億円とされるという(前大会は400億円)。

 日本が初出場した20年前のフランス大会は6億円(NHKの単独放送)だったという。その後の02年日韓大会は10倍の60億円。そこから高騰が始まり、今はその10倍。テレビにとってリスクがある大イベントである。

 果たして、サッカーはその額に見合うほどのメガコンテンツなのか。日韓大会をピークに盛り上がりは徐々に低下している印象だし、W杯予選でも日本代表の試合は高視聴率が出せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る