• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝は村上信五 W杯“放送権料高騰”で投資分回収できるか

 先週、関ジャニ∞の村上信五(36)がテレビ朝日のサッカー中継のプレゼンターに就任したことが発表された。6月14日開幕のロシアW杯に向けて各局が話題づくりに余念がない。

 だが、浮かれてばかりはいられない。放送権料がすごい勢いで高騰。先週、公になったデータによると、ジャパンコンソーシアム(NHKと民間放送局の共同制作機構)がFIFAに支払う額は前回ブラジル大会から1・5倍になって600億円とされるという(前大会は400億円)。

 日本が初出場した20年前のフランス大会は6億円(NHKの単独放送)だったという。その後の02年日韓大会は10倍の60億円。そこから高騰が始まり、今はその10倍。テレビにとってリスクがある大イベントである。

 果たして、サッカーはその額に見合うほどのメガコンテンツなのか。日韓大会をピークに盛り上がりは徐々に低下している印象だし、W杯予選でも日本代表の試合は高視聴率が出せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事